年中快適な家

夏涼しく、冬暖かい



「RC外断熱の家」は断熱材がコンクリート躯体をすっぽり包んで、夏の強い日射しや冬の厳しい寒さからコンクリートを保護します。コンクリートが気温や湿気の影響を受けないため、室内の温度を一定に保ちます。 
エアコンなどで室内を一定温度にすれば、コンクリートもその温度に順応します。人間にとって快適な温度となったコンクリートは断熱材で守られていますので、外気温に影響されることがなく、快適な温度を保ち続けます。

躯体冷暖房システム「SSICS(シークス)」は外断熱住宅だけ

冷温水パイプをコンクリート床面に埋設し、建物そのものを温度管理する仕組みが躯体冷暖房システムSSICS(シークス)。
蓄熱性能の高いコンクリートを温度管理することが、省エネルギーかつ冷暖房効果を長持ちさせる最大のポイントです。

冬はパイプに温水を流すことで、コンクリートを暖めます。
暖まったコンクリートからは、より低い温度となっている室内へ遠赤外線が放射されます。
遠赤外線は輻射熱を生み、室内で暮らす人に“陽だまりのようなあたたかさ”を感じさせます。
夏は冷水を流すことで、コンクリートの温度上昇を抑えます。
そうすることで、温度がより高い室内の物体やそこに暮らす人の体から、温度が低いコンクリートへ向かって遠赤外線が放射され、熱が移動します。
エアコンなどの冷たい空気で体の外から冷やされるのではなく“自然と暑さがやわらぐ心地よさ”を感じることができます。

この“空気の温度管理をしない”冷暖房システムと同様の仕組みが、東京スカイツリーにも採用されています。
最新の建造物にも導入されている省エネ冷暖房を、自宅にもぜひ取り入れてみませんか。

シークスを採用したお宅へのご案内も、施主様のご協力のもと承っております。