外断熱の家

外断熱工法とは



外断熱工法とは、建物を断熱材で包みこむ工法です。夏の熱気や冬の冷気を断熱材が遮断し、外気温を建物内に伝えませんので、1年中室温変動が少なく、快適で省エネ効率の高い暮らしを実現します。また、建物そのものも断熱材で保護されますので、季節毎の大きな外気温変動によるコンクリートの膨張収縮も少なく、耐久性をさらに高めることができます。 

なぜ外断熱工法なのか

通常のRC内断熱では、コンクリートと断熱材の間に空気層ができてしまい、室内外の温度差による結露が発生します。結露は木部や鉄部の腐食を引き起こし、建物の耐久性を劣化させるばかりか、カビやダニの温床にもなり、健康を損なう原因にも。RC外断熱の家では、高性能特殊断熱材で空気層の無い構造を実現。高い耐久性と健康な暮らしをお届けします。